キレイをつくる「習慣力」

「美しくなるための習慣」を身につけよう!と決意したメグリン(40)の日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤後傾を治したい

相変わらず物欲がうずまいている私ですが、
このごろ欲しくなるものは、うっかり手を出せないものばかり。

薪ストーブもしくは暖炉とか、
オーダーメイドの室内履きとか、
がっつり真っ赤な(=高い)サンゴのネックレスとか。

中でも「今すぐ欲しい!!!」と思ってるのが

人体模型。

骨と筋肉の関係がわかるやつが本気で欲しいんですよねぇ。
だって、体の硬さを治すのに役立ちそうでしょ?
日頃自分が取りがちな姿勢をさせて、
どこに負担がかかっているのか確認するのにいいんじゃないかと。

ミニサイズでよいので、値段はそう高くないと思うんだけど、
どこに置いたらよいものか・・・
しまいこんだら使わなくなっちゃうし。
生さんもびっくりするだろうなぁ。むむ・・悩ましい・・・

とりあえず今は、解剖学系の本を読んだり
かかりつけドクター・マイケルに質問をしたり
ネットで情報を集めたりしています。

それでわかってきたことなんですが、私は骨盤が後ろに傾いているタイプ。
骨盤後傾の理由は、姿勢とか靴とか
人によっていろいろらしいんですけど、
共通して脚の後ろ側~お尻の筋肉が硬くなってるんだそう。
これはまさに、私がなんとか柔らかくしたいと願ってる筋肉・・・!

また、骨盤の後傾には、
ずんどーに見える、お尻が扁平になるなどの悲しいデメリットも。
しかしながら、問題の筋肉をストレッチで柔らかくしていけば、
今よりちょっとイイ体型になれるかもしれないわけで。

実際、腰を反らしてみると
天然のガードルといわれる筋肉たちがプルプルするし
ウエストの実寸も数センチダウン。
いつもこの状態、になれればどんなにいいかしら~。
と思ったら、がぜんやる気が出てきました!!!

てなわけで、これまでの靴下履きストレッチだけでなく、
お尻まわりの筋肉を柔軟にする目的で、スクワットの追加を宣言しますっ。

①両足を肩幅に開いて立つ。爪先は120度ぐらいに広げる。
②お尻を下から両手で支える。
③息を吐きながらまっすぐ下にお尻を落としながら、両足のかかとを上げる。
④息を吸いながらまっすぐ立つ。

いくつかのスクワットやストレッチを組み合わせたやり方で
骨盤が前傾している人(出っ尻タイプ)の人にも
効果があると思います。

毎朝、着る洋服を考えながらやろうかな・・・
あと、お尻を支えるのが片手になっちゃうけど、歯磨きのときに。
側から見たらそーとーあやしいでしょうけど、
このスクワット、からだに真っ直ぐな芯が通るような感覚になれて
気持ちいいんですよ~。

まずは今週いっぱい続ける所存。そのまま習慣になるといいなぁ!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

megring

Author:megring
主婦、ときどきライターの40歳。
家族はダンナ様の生さん、ブリティッシュショートヘアのメロさん。酒飲みで貯金ほぼゼロ、性格はズボラ。
そんな私だって、日常動作や食事のしかたを見直していけば、美への活路は開かれる……はず、なのだ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。